しくじる毎日

つまづいてばかりのこれまでを「変えていく」足跡ブログ

【おすすめの本】読書初心者が3週間で読んだ15冊を紹介!

f:id:yu-eagles:20170308162701j:plain

普段から漫画を含めて読書を全くしない、ゆばしです!

ブログを書くようになってから、自分の知識や興味の狭さを強く感じるようになりました。

「今日のブログはなにを書こう?」「思いつかないなあ」「明日でいいや」

これの繰り返しってすごく勿体無い様に思うんです。

なので「本を読んでインプットしよう」っていう単純な考えで本を読み始めました。

読み始めて3週間で15冊を読みました。今回はこの15冊を紹介したいと思います。

読書に苦手意識があるあなたに、是非読んでほしい本ばかりです。

 

【漫画】もやしもん 1〜13巻 

もやしもん(1) (イブニングKC)

もやしもん(1) (イブニングKC)

 

 え、いきなり漫画?これで13冊って数えるの?その通りです!

普段漫画を全く読まない僕が、最後まで世界観に入りきって読み切ったのがこの「もやしもん」

読書初心者にオススメします。理由は「楽しく知識を学べるから」

「もやしもん」の概要

この漫画の舞台は東京にある農業大学。そこに入学した「菌が見える」主人公・沢木惣右衛門直保を中心に、「菌」の世界と大学の世界を往復してストーリーが進みます。

「もやしもん」のオススメ理由

この本をオススメする理由は、「お酒の知識がものすごく身につく」から。

日本酒、ワイン、地ビール、焼酎など、「菌」「発酵」という視点でお酒の知識が頭にどんどん入ってきます。

「スーパーに売ってる安いお酒ってなにで出来てるんだろう?」

この疑問を感じたことがある人なら、楽しく読めるはずです。

 

【エッセイ】星野源 そして生活はつづく

そして生活はつづく (文春文庫)

そして生活はつづく (文春文庫)

 

 昨年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でも話題になった星野源。

星野源ファンの彼女に勧められて手にとった「そして生活はつづく」。

読み終わってみると、「気持ちが思いっきりスッキリ」してました。

「そして生活はつづく」の概要

星野源の初のエッセイであるこの本。文庫本化されています。

「料金支払いはつづく」から始まるこの一冊。「口内炎はつづく」なんていうものから「ひとりはつづく」まで、星野源の普段テレビでは見えない「素」の部分がたくさんつまっています。

「そして生活はつづく」のオススメ理由

「共感するところがたくさんあって、しかもおもしろい」

僕のオススメは「はらいたはつづく」です。お腹がゆるい人みんなに読んでほしい、共感しすぎて笑えてきます。

 

【何気にオススメ】pha ニートの歩き方

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

 「本のタイトルで拒否反応が出た」あなた。読まないと勿体無いですよ。

「ニートの歩き方」の概要

京都大学を卒業して「ニート」になったphaさん。ニート生活で普段考えていること、感じること、社会の矛盾なんかをゆるーくはっきり書いてあります。

「ニートの歩き方」のオススメ理由

ニート満喫中の人にも、ニートって言葉も嫌な人にも、読んでもらいたい。

それは「読み終わった後に視野が広がるから。生きるのが少し楽になるから」です。

っていうか作者のphaさん、いわゆる「ニート」ではありません。ゆるく生きようとしている自立した立派な大人です。

 

まとめ

今回は「読書初心者の僕が3週間で読んだ15冊」をオススメポイントと一緒に紹介してきました。皆さんが読みたくなる本は見つかりましたか?

こうやって本を紹介する文章を書くのは始めてなんですが、これ結構楽しいですね。

「ブログで紹介するために本を読む」

っていうのも悪くない気がしています。また紹介したくなったら更新していきます。