しくじる毎日

つまづいてばかりのこれまでを「変えていく」足跡ブログ

ITパスポート試験に見事に落ちました

f:id:yu-eagles:20161229111227j:plain

油断していました。クリスマスの日に落ちました。色々と寒いです。

こんにちは、ゆばしです!年の瀬、皆さんはいかがお過ごしですか?

さて、タイトルにもある通り、2016年のクリスマスに受験してきた「ITパスポート試験」。見事に落ちました。

585点/1,000点という現実

合格ラインが600点に対して結果は585点。15点足りなかった。いや、こんなギリギリで試験に挑んでいるあたり、完全に油断していました…。

具体的な僕の試験結果はこれです。試験終了後すぐに表示されます。

  • 総合評価点 585点/1,000点
  • ストラテジ系 575点/1,000点
  • マネジメント系 625点/1,000点
  • テクノロジ系 470点/1,000点

試験に行く前に過去問を4回実施して、平均で7割正当だったので受かる気満々で行ったらこれですよ。テクノロジ系が悲惨です。

試験に落ちた原因を考えてみた

受かる気満々で試験に向かった僕ですが、結果は不合格。なぜダメだったのか自分なりに考えてみました。

  • 単語の記憶が足りなかった

これは準備が足りなかったと痛感しました。アルファベット2文字、3文字、4文字の単語をしっかりと覚えられていなかったんです。例えば、SaaSとIaaSとPaaSなど。ISMSなんかもそうですね。英語表記の省略する前と省略した形、その意味を覚えきれていませんでした。

  • 試験会場が暑くて頭が働かなかった

体温調節は大切だなと感じました。会場によって暑かったり涼しかったりするので、調節できる服装をして行ったほうがいいと思います。僕が行った会場は、暖房がしっかりと効いてて暖かくて眠くなってしまいました。試験を受けていると頭を使って暑くなりがちなので、少しだけ涼しい服装の方がいいかもしれません。

  • 前日の詰めがあまかった

僕が受験した日は、そう、クリスマス当日です。前日は家族と彼女とチキンとケーキを食べてお酒も飲んでワイワイしていました。勉強はというと、寝る前に過去問を1回しただけ。これが大きかったかもしれません。

 

こんな感じでITパスポート試験に落ちました。今は年末で勉強も一休みというところですが、近いうちに2度目の受験をしたいと思っています。今度こそは受かりますよに…。