しくじる毎日

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しくじる毎日

23年間しくじってばかり。中途半端な人生を変えるためのブログ。

【解散から4年】GARNET CROW名曲20選

「GARNET CROW」という音楽グループをご存知でしょうか。

2013年6月9日に惜しまれながらも解散し、まもなく4年が経過します。

独特な世界観と個性的な歌詞、壮大な世界観で異彩を放ったGARNET CROW。

男女4人で構成されるグループで、14年間の活動でシングル34枚、アルバム10枚を世に送り出しました。

筆者は高校生時代、GARNET CROWの音楽ばかりを聞いて過ごしていました。

一番多感な時期に、一番聞いていたアーティスト。それは一生記憶に残るものです。

今回は「GARNET CROWの名曲20選」をご紹介したいと思います。

 

GARNET CROWとは?

Being系列のGIZA studioに所属した音楽グループ。男性2人、女性2人で構成されます。

1999年結成、2000年にメジャーデビュー、2013年に解散。

中村由利

グループの全作曲を担っています。ボーカル担当。

ライブでの進行も担っていました。半分棒読みのように聞こえるMCはファンの中でも有名です。

AZUKI七

グループの全作詞を担当。キーボード担当。

寂しさの中に凛とした雰囲気を感じる歌詞は、GARNET CROWの世界観の大きな部分を占めています。不思議なキャラクターも印象的。

古井弘人

グループのリーダー。編曲担当。キーボード担当。

お父さん的な印象でファンからも愛されています。ライブでの激しいキーボード演奏は印象的。最近ツイッターを始めたようです。

古井弘人 (@HirohitoFurui) | Twitter

岡本仁志

ギター担当。

お兄さん的なポジションでファンから愛されています。優しい印象でメンバーからの信頼も厚い彼。雨男です。

GARNET CROW名曲20選

ここからが本題。かなり個人的な主観が混ざったものになっていますので注意。

発売が古い順にご紹介します。

永遠に葬れ(1999年)

メジャーデビューする前年にリリースしたインディーズアルバムに収録される名曲。

「永遠に葬れ」は「とわにねむれ」と読みます。

寂しさや空虚感がひしひしと伝わってくる歌詞。絶望が目の前に感じます。

Mysterious Eyes(2000年)

GARNET CROWのメジャーデビューシングル。

アニメ「名探偵コナン」のオープニングに起用されました。この楽曲からコナンとは長い縁になることになります。

Mysterious Eyes

Mysterious Eyes

  • GARNET CROW
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

夏の幻(2000年)

5枚目のシングル曲。彼らはデビュー年に6枚ものシングルを発売しています。

アニメ「名探偵コナン」のエンディングに起用されました。

初夏の晴れ間を連想される雰囲気は、どこか儚げで前向きな姿が印象的です。

夏の幻

夏の幻

  • GARNET CROW
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Holy ground(2002年)

2ndアルバム「SPARKLE〜筋書き通りのスカイブルー〜」に収録されています。

初期から中期のライブにおいて比較的披露される機会が多かった楽曲。

この曲に出てくる「死」という直接的な歌詞が、聴く人の心に静かに入ってくる、そんな不思議な力を持っているように思います。

Holy ground

Holy ground

  • GARNET CROW
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

U(2004年)

4thアルバム「I'm Waiting 4 You」に収録。

2013年の解散ライブで披露されたこの楽曲は、あまりに強いインパクトと何か強迫的にも感じる神々しさを放ちました。

決して派手な楽曲ではありませんが、だからこそ「影の名曲」ということができるように思います。

U

U

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

君 連れ去る時の訪れを(2004年)

先ほどと同じく、4thアルバム「I'm Waiting 4 You」に収録されています。

「時間」という不変でスケールの大きな存在。そこに生きる私たち。

「寂しさ」の中に「凛とした姿」が見えてくる、「GARNET CROWの王道の名曲」であると思います。

君連れ去る時の訪れを

君連れ去る時の訪れを

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Circle Days(2005年)

18枚目のシングル「君の思い描いた夢 集メル HEAVEN」に収録されているカップリング曲。

雨上がりの晴れ間を走り出したくなるような「爽やかさ」の中に潜む「全てを悟った虚しさ」を感じる、独特とも言える楽曲です。

晴れ時計(2005年)

彼らの19枚目のシングル曲。

「穏やかな日常」の中にある「素敵な一瞬」が切り取られた、聴く人を優しい気持ちに連れて行ってくれる楽曲です。

晴れ時計

晴れ時計

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

春待つ花のように(2006年)

5thアルバム「THE TWILIGHT VALLEY」に収録されているバラード曲。

飛び立つ準備をする鳥たちのような、弱さの中にある目の前に向かっていく力強さが印象的な楽曲です。

壮大な楽曲の世界観を形成する古井さんのアレンジと、岡本さんのギターソロも聞きどころの一つ。

春待つ花のように

春待つ花のように

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

廻り道(2007年)

24枚目のシングル「この手を伸ばせば/風とRAINBOW」に収録されているカップリング曲。

ファンからの人気が高い楽曲であり、ライブでも披露される機会が比較的多かった楽曲です。

ストレートな歌詞、印象的な登場人物が歌詞を彩ります。

『「なんだ寝てたの?今日は晴れてるよ」なんて 君の声まだ聞こえそう』

Go For It(2007年)

25枚目のシングル「涙のイエスタデー」に収録されているカップリング曲。

GARNET CROWの楽曲の中でも「はっきりとした力強い歌詞」が顕著な楽曲です。

今目の前の壁に立ち向かうあなたを「応援」してくれます。

世界はまわると言うけれど(2007年)

26枚目のシングル曲。アニメ「名探偵コナン」のエンディングに起用されました。

ライブで演奏される機会が多かったこの楽曲。古井さんのキーボードが印象的です。

筆者が個人的に好きなのは、京都にある世界遺産・仁和寺でのコンサートで披露されたこの楽曲です。

世界はまわると言うけれど

世界はまわると言うけれど

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Love is a bird(2008年)

6thアルバム「LOCKS」に収録されています。

GARNET CROWの中でも名曲が多い「アルバムの締め曲」であるこの楽曲。

曲はグループの名前にあるCROW(カラス)を印象させます。

聴く人たちを遠い場所へ飛んで連れて行ってくれるような、爽やかさが溢れる一曲です。

Love is a Bird

Love is a Bird

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

短い夏(2008年)

27枚目のシングル「夢のひとつ」に収録されているカップリング曲。

作詞のAZUKI七さんが「夏の一品に仕上げた」と言うように、

夏の終わりに感じる寂しさや空虚感が表現された一曲です。

短い夏

短い夏

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Hello Sadness(2009年)

7thアルバム「STAY〜夜明けのSoul〜」に収録。

電子音でじわじわと始まる世界観。

「長い旅に出る前の心の騒がしさ」が感じられる楽曲です。

Hello Sadness

Hello Sadness

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

日々のほとり(2009年)

先ほどと同じく、7thアルバム「STAY〜夜明けのSoul 〜」に収録されています。

筆者が個人的に思い入れの強い楽曲。なのでご紹介しました。

心の騒がしさが穏やかに蒸発していくような、流れるような曲の世界観。

夢の世界とも現実の世界とも言えない、「まどろむ世界」が詰まった一曲です。

日々のほとり

日々のほとり

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Rainy Soul(2009年)

これも先ほどと同じく、7thアルバム「STAY〜夜明けのSoul〜」に収録。

太宰治「人間失格」の世界観をGARNET CROWとして表現した楽曲、だと筆者は捉えています。

低音が響く、まさに雨の夜を印象させる世界観です。

Rainy Soul

Rainy Soul

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

英雄(2011年)

9thアルバム「メモリーズ」に収録されています。

孤高の戦士を思わせるメロディー。

ボーカル中村由利の低音とコーラス岡本仁志。この2人の歌声が印象的です。

英雄

英雄

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Nostalgia(2012年)

GARNET CROWにとって34枚目のシングル曲。これが最後のシングルとなりました。

晩年のGARNET CROWに印象的だった「電子音」が強く感じられる楽曲です。

初期の楽曲と対比するとよくわかるのですが、ボーカル中村由利の歌声がどんどん太くしっかりとしたものになっています。

Nostalgia

Nostalgia

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

closer(2013年)

GARNET CROWにとって最後、10枚目のアルバム「Terminus」に収録。

アルバムのタイトル「Terminus」は日本語で「終着駅」と言う意味であり、まさにGARNET CROWの完成形、終着、次への分岐点となる楽曲です。

メンバー4人のGARNET CROWへの思いが詰まったような、そんな歌詞が印象的です。

closer

closer

  • GARNET CROW
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

最後に

今回は「GARNET CROWの名曲20選」をご紹介しました。

個人的な主観が強く混ざった選曲になってしまったように思いますが、GARNET CROWの音楽の素晴らしさが伝われば幸いです。

今回ご紹介した楽曲以外にもたくさんの名曲が存在していますので、是非CDショップなどに足を運んで聴いていただければ、一ファンとして嬉しいです。

解散した2013年6月9日から、まもなく4年。

「いつかやって来てほしいと願うGARNET CROWの再結成の日」

を待ちわびて、この名曲たちを絶やさず聴き続けていきたいものです。

そしてもっと多くの人にGARNET CROWを知ってもらえたら、この記事がその力になってくれることを願っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【感想】「いのちの車窓から」を読み、明日を生きたくなった【星野源】

星野源さんの新著「いのちの車窓から」を読みました。

息をするように面白くて穏やかな世界観。ふと手にとってから1時間半で読み切ってしまいました。

今回は、星野源「いのちの車窓から」を紹介したいと思います。

 

星野源が紡いだ風景は人間らしくて美しい

本の帯に書いてあるこの一文。

「大注目を浴びる星野源。彼が紡いでいた風景、心の機微」

f:id:yu-eagles:20170407203306j:plain

俳優、歌手、文筆家など、マルチに活躍する星野源。

彼がなぜ世間から求められているのか、この本を読んでいて大きく実感することがたくさんあります。

誰よりも人間が好き。だから共感する。

「いのちの車窓から」を読み終わって感じたこと。それは、

「星野源は、他の誰よりも人間が好きだということ」

人の心の小さな動き、何気ない風景、自分が愛してやまないもの、自分を傷つけた様々なもの。

そのどれもが今の彼を形成していて、「星野源」という一つの物語になっているのです。

読み終わった後、目の前の世界が愛おしくなる

晴れた平日の午後。僕がこの本を読み終わって意識したこと。

「弱い自分を守るために、無理やり戦っていた目の前の世界」

「それは弱い自分。狭い価値観で周りを馬鹿にしていた自己」

 

星野源という人は、

「様々なものを自分というレンズを通して愛おしく感じることが出来て生きている」

ように思えたのです。

「目の前の世界を愛せる人はどんな人間よりも強い」

この本を読み終わった僕は、感じました。

 

凸凹の人生は人間らしくて美しい

「いのちの車窓から」を読んで私が感じたこと。

「凸凹の人生こそ、人間らしくて、何よりも美しい」ということ。

「凸凹の人生を、肯定して受け入られる人こそ強い」ということ。

そして一番が、

「僕は誰よりも人間という営みが好きなんだ」

ということでした。

 

素敵な本ですよ。ぜひ読んでみてください。

【しくじる毎日】2017年3月の運営振り返り

こんにちは、ゆばしです!

2017年3月も今日で終わり。今年の4分の1終了!

毎月恒例のブログ運営記事です。PV数や記事数をまとめていきます。

今月はこのブログ以外に2つ新しいものを開設したり、今までと違う方向で頑張りました。

早速、まとめていきます。

【先月分のブログ運営記事はこちらからどうぞ。】

active46.hatenablog.com

 

2017年3月のPV数と記事数まとめ

今月はこのブログ「しくじる毎日」以外に2つのブログを開設しました。

ということで3サイト分をまとめて書いていきます。

  • 当ブログ「しくじる毎日」3月アクセス数 767PV
  • 新しく開設したトレンドブログ 1211PV
  • もう一つのブログ 48PV

3サイトを足して月間2000PV達成!ショボいという声が聞こえて来そうですが、ここは喜びたいと思います。

続いて今月に書いた記事数を。

  • 当ブログ「しくじる毎日」9本
  • 新しく開設したトレンドブログ 16本
  • もう一つのブログ 2本

3サイト合計で27本を書きました。毎日更新できていない計算です。反省。

3月は収益で希望が見えた

今月の収益は「諭吉さんに一歩届かず」といった感じです。

収益の内訳は「A8.netから9割、AdSenseから1割」といった内容。

今月ブログ運営していて「収益」という面で感じたこと。

「一つのジャンルに特化したブログは1PVの価値が断然高い」

ということです。これを身を以て実感できたのは大きかった。

刺激をもらいまくっている記事がこちら。はてなブロガーのすみすさんです。

www.itsumade-utsu.com

勝手に尊敬しているだけなんですが、刺激受けています。

2017年4月の目標「ひたすら書く」

3月は本格的にブログ用のTwitterを始めた月でもありました。

たくさんのブロガーさんの言葉を見ていると、

「ひたすら書き続ける大事さ」

を強く実感します。

2017年4月の目標は「具体的な目標の数字を決めずに」

「ひたすら量をこなす」

ことを目標にします。

「結果は書いていれば多分ついてくる?」

というなんともフワフワした感覚ですが、これを信じられたら大きいと思ってます。

4月から新学期!放送大学の授業も開始。疎かにならないように頑張ります。

 

先日書いたこちらの記事。是非深夜に読んでください!

active46.hatenablog.com

【コスパ最強】1149キロカロリーの巨大パン「工藤パン ビッグジャンボ」を食べてみた

先ほど、近所のスーパーに買い物に行った時。

「なんだこれは」

棚には大きな大きなパンが3個置いてあるではないですか。

気になって仕方がないので買ってきました。

「178円(税込)で1149キロカロリーというコスパ最強パン」である、

工藤パン「ビッグジャンボ」を紹介していきます。

 

元祖昭和サイズ!ビッグジャンボはとにかくデカイ

f:id:yu-eagles:20170329023949j:plain

このパンとにかくデカイんです。大きいんです。

ビッグジャンボの端から端まで測ると、40cm弱あります。凄い。

見ていただくと分かるように、とにかく大きいパンに黄色と白色と黒色の3色の川が流れてます。美しい。

それにしても「元祖昭和サイズ!」という、なんとも懐かしさ満載ですね。

サイズ感がうまく伝わらないという声が聞こえてきそうなので、どうでしょうファンにはおなじみのHTBキャラクター「onちゃん」を隣に置いてみました▼

f:id:yu-eagles:20170329024514j:plain

「onちゃん2人分!!!」

これはかなり大きいですよね!?

え、そのぬいぐるみのサイズがわからないから大きさが伝わらないって?

ごめんなさい、ダイエット中の深夜2時に美味しくいただいたのでもう写真ありません。

「40cm弱のパンがスーパーで売ってる」

ということを想像してもらえたらこの大きさ伝わると思います。

ビッグジャンボは178円で1日の半分のカロリーを摂取できる

そこのダイエット中のあなた!

40cm弱もある「ビッグジャンボ」のカロリー、気になりますよね?!

▼「ビッグジャンボ」のカロリー、1149kcalです。しかも178円(税込)。

f:id:yu-eagles:20170329025256j:plain

極端な話、このパンを1日2個食べたら成人の必要カロリーが摂取できるんです。

ただし当たり前ですが栄養は大きく偏ります。

178円を2個、つまりワンコインで2300kcalも摂取できてお釣りもくる!これは嬉しい!

ちなみに僕が今までコスパ最強だと思っていた「ペヤング超大盛」は、今調べたら1081kcalでした。

価格もカロリーも「ビッグジャンボ」の勝ち。すごいよビッグジャンボ。

「ビッグジャンボ」は大きさと高カロリーだけではなかった

現在深夜2時。「ビッグジャンボ」を食べながらこの記事を書いています▼

f:id:yu-eagles:20170329025833j:plain

すごく美味しい。すごく甘い。甘い。カスタードもチョコも美味しい。

「白色の部分(本気の砂糖)が激甘」

「噛んでると口の中でしゃりしゃり音を立てるくらい砂糖」

この甘さが病みつきになります。ソースは甘いですがパン自体はふかふかのシンプルなパンですよ。

ちなみに写真に写ってるパンの一欠片が8個で「ビッグジャンボ」1つです。少食な人ならこれ1つで満足くらいとにかくボリュームすごいです。

まとめ

今回紹介した「ビッグジャンボ」は、青森県青森市にある「株式会社 工藤パン」が製造しています。

全国に流通している商品では無いと推測します。

青森県周辺にお越しの際に、スーパーに行くとあるかもしれませんよ。

【エッセイの効能】「なんとなくの自信が湧いてくる」おすすめのエッセイ3選

こんにちは、ゆばしです!

東京では桜も開花して、すっかり春の陽気ですね。

あたたかい春の風にそわそわしているのは僕だけじゃないはず。

僕は最近、すごく「読書」にハマってます。本のジャンルでいうと「エッセイ」にハマってます。

エッセイを読むようになってから、自分の気持ちが明るくなったような気がします。

今回は、数ある本の中でも「エッセイ」の持つ効能と「おすすめのエッセイ3選」をご紹介します。

※効能とか言ってますがこれは個人的な感想です。

 

普段読書をしない僕が「エッセイ」を読む理由

僕は今まで「読書」をする習慣が全くありませんでした。

本を買っても読むのが億劫なんですよね。読み切るのに何日かかるかわからないし。

そんな僕が「読書」をするようになって「エッセイ」を読むようになった理由。

「エッセイは手の届かない憧れの人と話しているような気分になれる」

僕が読むエッセイは「俳優」や「歌手」「芸人」など、「自分」を資本に活躍する人の作品が多いです。

 

「憧れの人の若い頃、同じように悩んでいたのか」

「今や時の人も若い頃はアルバイトしながら面倒臭いとか思ってたんだ」

些細なことですが「共感」を感じられるんです。

この「共感」が自分にとっての「劣等感への共感」になったりします。

 

「この連載を続けていてよかった」

「このアルバムを思い切って制作したから今がある」

芸能人のような手の届かない人のエピソードですが、凡人の僕は「共感」を感じます。

「長く続けてればなんとかなる」という普遍なことに気付かされたりします。

 

おすすめのエッセイ3選

最近始めた「読書」で購入して読んだ数少ない本の中から「おすすめのエッセイ3つ」を選んでみました。

星野源「そして生活はつづく」

【効能がある人:お腹ゆるい人、人付き合いに疲れた人】

歌手に俳優、文筆家と多方面に活躍する星野源さんの初めてのエッセイ集です。

「料金支払いはつづく」から「ひとりはつづく」まで15編のエッセイ掲載されています。

僕が猛烈にオススメしたいのが「はらいたはつづく」。

大好きなアイドルの映画試写会の直前に、ギュルギュルギュルギュルお腹が音を立てて冷や汗で顔が青くなるくらい、お腹ゆるい人なら絶対に共感します。

ちなみにこれは僕の実話でエッセイの内容じゃありませんので一応。

 

大泉洋「大泉エッセイ 僕が綴った16年」

【効能がある人:どうでしょうファン、大泉洋さんに興味がある人】

北海道発の伝説的なテレビ番組「水曜どうでしょう」で一躍時の人となった大泉洋さんのエッセイ集です。

僕は「どうでしょう」が大好きです。中学生くらいから深夜の再放送を毎週一人で見てました。そのせいで昼夜逆転したくらい大好きです。

「どうでしょうファンには是非読んで欲しい!」

この本には、大泉洋さんが24歳の頃連載していたエッセイが掲載されています。

つまり「水曜どうでしょう」が始まって半年、「サイコロの旅3」の頃。

「番組で騙されっぱなしの彼がこんなエッセイを連載していた」

という意外さも、面白く読み続けられる一つの理由だと思います。

 

若林正恭「完全版 社会人大学人見知り学部卒業見込み」

【効能がある人:人見知りの人、オードリー大好きな人、就活生】

お笑い芸人オードリー若林正恭さんのエッセイ集。

自他共に認める「極度の人見知り」だという若林正恭さんの魅力がたっぷり詰まった一冊。

人見知り度なら僕も負けない自信があるくらいですが、そんな気持ちを優しく解いていってくれるような「共感」たっぷりのエッセイです。

 

まとめ

今回は「おすすめのエッセイ3選」をご紹介しました。

日常の中で「効率を求める」ことはよくありますが、「読書で他人を知る」ことは「効率以上の何か」があるように思います。

新生活を始めるみなさん、僕も含めていつも通りの生活が4月からも続くみなさんも、

「読書をするって素敵ですよ!」